FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写楽展

06-10,2011

昨日は東京国立博物館で開催されている
写楽展に行ってきました~。


木曜日の14時半ぐらいに行ったのですが、





これが混んでる混んでる!





『阿修羅展』みたいに平成館の外に長蛇の列…ということは全然なかったのですが、
中に入ると、まずエスカレーターから混んでるし…展示室に入ると、作品の前に人・人・人!!!
老若男女問わず、色んな世代のお客さんがいましたね~。



今回の展示では、現存する写楽の作品145点の中から142点(つまりほとんど)が出品されている、ということで、かなりボリュームたっぷりでした。
写楽作品以外にも、比較対象として、歌麿・北斎・豊国などなどの作品も数多く出品されていたので、
とにかく作品がいっぱいという感じでした。


写楽は歌舞伎の演目関連の作品を沢山残していて、特に役者絵が多い絵師です。
なので、歌舞伎の演目がわかってないと、写楽の描いた人物が一体どんなキャラなのか…ということがわからないのですが、今回の展示では、映像・パネルを使用して演目説明が丁寧にされていたので、「誰」が描かれているのか、が非常にわかりやすくなっていました(^▽^)


似顔絵ちっくで個性溢れる役者絵はもちろん素晴らしいですが、
写楽が描いた子供相撲取り・大童山(つまりは当時の肥満児www)が超可愛いですw
プヨップヨのもっちもちなんですよwww肉感素晴らしいwww
比較として、歌麿が描いた大童山の版画も展示されているのですが、これの大童山なんて、綺麗なお姉さんから煎餅もらってモリモリ食べてるんですよwww面白すぎたwww


1つ残念だったのは、今回の展覧会ではギリシャで発見された写楽の肉筆扇面画が出品されていたないこと(;;)見たかったなぁ~。



私は今回の展示を見終わるまでに2時間半ぐらいかかりました~!
もっとジックリ見てたらもっとかかったかもです。
足がすっごい疲れますーwwwあと展示室には椅子があんまりないから注意!www




『写楽展』は6月12日(日)までなので、足を運んでいない方は是非!
写楽ワールドに浸って下さい☆







************************************************************************
Myamoのイラストサイトはこちら→Myamodern









スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。