FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ本 その2

10-02,2010


乳と卵(らん) (文春文庫)乳と卵(らん) (文春文庫)
(2010/09/03)
川上 未映子

商品詳細を見る


芥川賞受賞作。
文体にクセがあるので、好き嫌いが分かれそうですね。
女の子が結論もなくダラダラとお喋りをし、話ていく中で思考がまとまっていく…
そんな感じの文体だなぁ、と思いました。
私自身が結構脳内でそういうダラダラした考え方をするので、私は読み易かったです。
思春期の生々しい悩みが正直に描かれていて、共感する部分もありました。


この前の芥川受賞作の『乙女の密告』も読んだのですが、それよりもこの『乳と卵』の方が私は好きでした。『アンネの日記』をちゃんと読んでいないと、『乙女の密告』は理解できないのかなぁ、とも思ったり。


スポンサーサイト

COMMENT

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2011/05/01(日) 02:08:48 |URL|藍色 #- [EDIT]
藍色様>
トラックバックの件、わざわざご連絡下さってありがとうございます!
2011/05/07(土) 00:07:08 |URL|Myamo #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

「乳と卵」川上未映子

姉とその娘が大阪からやってきた。三十九歳の姉は豊胸手術を目論んでいる。 姪は言葉を発しない。そして三人の不可思議な夏の三日間が過ぎてゆく。 第138回芥川賞受賞作。 娘の緑子を連れて豊胸手術のた...
2011/05/01(日)02:05:55 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。